スタッフブログ

歯周病に関するQ&A2

2013.01.22

こんばんは、ラビット歯科コーディネーターの望月です。

今回は、歯周病と全身との関わりについてです。

重度の歯周病にかかっている人は狭心症や心筋梗塞などにかかる危険性が、そうでない人の約2倍も高いという報告があります。

病気や加齢などにより飲み込む機能や咳をする力が弱くなると、口の中の細菌が逆流した胃液とともに誤って気管に入りやすくなります。
その結果、発症するのが誤嚥性肺炎です。歯周病になると誤嚥性肺炎になる危険性が高まります。

また、糖尿病になると歯周病菌が繁殖しやすくなります。一方で、歯周病の炎症物質がインスリンの働きを阻害し、糖尿病を悪化させます。

ではまた(* ^ー゜)ノ

スタッフブログTOP

各種カードご利用いただけます



医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援
ページトップへ戻る